尿管結石はビールで治る?

ビールをいっぱい飲めば、尿管結石の予防ないし治療になると言われています。ビールは水より大量に飲めますし、飲めば大量に尿となります。結石は体内の水分が少なく尿が濃くなったときに発生しやすいので、予防につながるという考えにも一理あるように思えます。また、大量の尿は詰まった結石を押し流し、より早い排石につながるといいます。なるほど。
一種の民間療法だと思われますが、果たして本当なのでしょうか?

 

私が思うに、それは呑んべえのいいわけ、です(笑)。昔から酒呑みは何かにつけ呑む理由を見つけて呑むものです。

 

私はビールはあまり呑まないのですが、焼酎が大好きで、一年のうち360日は日が暮れてから水割りを呑んでいるかなりの酒呑みです。焼酎水割りも呑めば大量の尿がでます。
人一倍水分をとっていたにも関わらず、私には結石が発生してしまいました。
そして、発症後も水割りを呑み続けましたが排石するのに3ヶ月かかりました。これが3日で出てきたら、焼酎のおかげ、と思ったでしょうが、3ヶ月では効果があったとははっきり言えません。

 

ビールに関しては、むしろ結石のリスクを高めると言われています。ビールはプリン体含有量が多いため、尿酸結石の原因になるそうです。
と言っても、呑む人はそんなことお構いなしに呑むと思いますが(^^)。