泌尿器科へ

・7月23日、24日
痛かったが座薬でしのいだ。痛くても病名がわかっているので精神的には楽である。とにかく早く月曜日になって診察を受けに行きたかった。

 

・7月25日
発症して3日後、泌尿器科へ行った。あらためてCTの映像をみる。結石は腎臓に近いところにあるので、排出されるには時間がかかりそうである。
尿管結石は私にとって重病なので、不安気に色々質問するのだが、医者の態度はどこかそっけない。おそらく、泌尿器科では非常によくある病気で、しかも命に関わることはほとんど無いからだろう。

 

それほど大きな結石ではないとのことなので、治療方針は痛み止めを使いながら気長に結石が排出されるのを待つ、ということになった。あと、結石を溶かす作用があるというウロカルンという薬も飲むことになった。

 

この日の医療費は1,490円(3割負担)。そのうちの1,245円が薬代で診療費が210円である。診療費210円って、それで医者の給料が出せるのだろうか?

 

次回の受診は20日後である。もっと短いほうが安心なのだが、泌尿器科は大変混雑しているので、尿管結石ごときに時間はかけられないのだろう。

 

次ページ:その後の経過